スムーズな離婚相談

夫の浮気や家庭内暴力を体験すると、共に家族として過ごしていくのは難しいと感じます。

無理して夫婦関係を維持し続けても、精神的に疲れ果てるだけです。

互いの時間を無駄にしないためにも、離婚を検討したほうが良いのでしょう。

離婚は夫婦共に合意すれば、市区町村役場に離婚届を提出するだけで完了します。

印鑑を押して作成した離婚届を届け出るだけなので、費用もかからず早期に離婚することができます。

一方で、こちらが離婚したいと思っても、夫がそれに同意しないケースも考えられます。

協議離婚は、夫が同意しないのであれば進めることはできません。

そこでもう一つの離婚の方法として、調停離婚というものがあります。

調停離婚とは離婚時に争いがある場合に用いられる方法で、家庭裁判所を活用し判断を委ねるというのが大きな違いです。

協議離婚に比べると、調停を申し立てるために多少の費用がかかります。

しかし第三者を間に挟むことで審判による公正な判断を得ることができ、離婚に伴うトラブルを最小限に抑えるのに役立ちます。

離婚に関する手続きには、法律を始めとする様々な要素が絡んできます。そのため素人にはわかりにくいこともあるかもしれません。

もし手続きを進める際に迷ったなら、第三者に離婚相談することをおすすめします。

例えば役所の中には、離婚に関する相談を受け付ける相談所が設けられていることがあります。

弁護士も相談に乗ってくれるので、離婚をスムーズに進めるためにも積極的に活用しましょう。

コメント